土地活用

HOME > 土地活用

近年、不動産価格は下がっているが、土地活用を希望する人は増加する一方です。これは土地にかかる、固定資産税の負担が重い、相続に備えたい、老後の安定収入が欲しい・・・・・など、将来財産を残すためにも土地の有効活用が必要な時代になっています。 賃貸アパート・マンションを建てることにより、特例や軽減措置を受けられ、遊休地や駐車場経営に比べ大幅な軽減を期待できます。

相続税の節税対策

相続が発生すると、大半の納税者は多額の相続税を金銭で支払うことができず、多くの土地を失っています。

  • 1. 賃貸マンションに活用する土地は「貸家建付地」評価減されます。
  • 2. 建築した建物の評価額は建築価格の約半分で評価されます。
  • 3. 賃貸マンションの敷地は小規模宅地の特例により一定の面積について減額されます。
  • 4. 建築のための資金として借り入れをした場合、債務として相続財産から差し引くことができます。

固定資産税の軽減措置

賃貸マンションを建てることにより

  • ■賃貸マンションを建てることにより、 遊休地に比べて固定資産税の税額が軽減されます。
  • ■都市計画税も減額となります。
  • ■建物に係る固定資産税の税額が120m2以下の部分について軽減されます。
      (3階建て以上の耐火構造住宅の場合、5年間2分の1になる) ※1住戸35m2~280m2以下

家賃収入

賃貸マンションの最大のメリットは、家賃収入です。

1.最適用途の検討

最も重要なのは、現地周辺の把握です。

何を建てればいいかは、周辺にある賃貸物件の状況も参考にします。

  • (1)間取り・・・・・ ワンルーム、1Kからファミリータイプまでの選択
  • (2)規模・・・・・・ 収益性の高い所では、建ぺい率・容積率とも目一杯とすべきですが、駐車場スペースも必要です。
  • (3)設備・・・・・・ 入居率が高まるような差別化された設備が必要ですが、いたずらにお金をかける必要はありません。

2.資金収支計画

土地資産を税務、法律、用途などからさまざまな角度から検討・分析して総合的に土地を診断。賃貸経営を始めるにあたって、土地の条件がまず賃貸経営に向いているか、最寄りの駅(バス停)からの距離、ファミリータイプあるいは単身者向け、どんなデザインなら人気を呼ぶか・・・等々を総合的に判断し、完成度の高いプランを立てるのです。

収入の種類としては、賃貸料、共益費のほか、駐車場がある場合はその賃貸収入、礼金・敷金・更新料が考えられます。 マンションを建てた後も費用はかかります。たとえば、借入金の利息、清掃や日常管理などの維持費、火災などの損害保険料、加えて税金などです。 上記に述べた「収入」と「支出」等と考慮して収支が黒字になるように計画します。


吉川工務店では、お客様の敷地、ご希望を元に、最新の賃貸市場情報と実際の収支計画案を無料で作成しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせフォームはこちら

ページトップに戻る